大井静雄院長・整形外科専門医 大井雄紀のご紹介|西宮市 大井クリニック

0798-73-7000 ENGLISH
診療受付はこちら

クリニック紹介

clinic

院長ご挨拶

大井クリニックは、2019年・令和元年、西宮市名次町に、大井静雄医師と大井雄紀医師の、父と子の共同企画のもとに開設されました。
それぞれの専攻科であります脳神経外科と整形外科の診療には、その背景に、神経科学と発達脳科学、およびスポーツ医学の研究に基づく、確固たる見識のもとに、皆様のご健康をお守りする医療をモットーとしています。
これまでに展開して参りました臨床脳神経外科やスポーツ整形外科等のグローバルな研究活動や、国内は勿論、世界諸国に普及させてきました新たな脳神経外科手術法の教育経験は、いまや、この大井クリニックの診療の基盤となって、最新の医療を、皆様に提供させていただきます。
脳と神経、ならびに骨格と運動器の健康を守るためには、勿論のこと、それらの病に打ち勝つためにも、お一人ひとりのお気持ちを出来得る限り、“ポジティブ”に保つことが重要です。そのためにも、大井クリニックの医療スタッフならびに従業員一同は、皆様に、病に打ち勝つ医療とともに、病を防ぐ明るい環境をご提供できますよう、務めて参ります。

大井静雄院長

経歴

[学術領域]

1973年神戸大学医学部卒業
1975年
~1980年
アメリカ合衆国ノースウェスターン大学医学部脳神経外科レジデント
1987年神戸大学医学部脳神経外科講師
1991年ドイツ ハノーバー大学ノルトシュタット病院脳神経外科永続客員教授[兼任]
2001年東京慈恵会医科大学脳神経外科教授
2003年ドイツ・ハノーバー国際神経科学研究所[INI] 脳神経外科教授[兼任]
2006年東京慈恵会医科大学大学院教授[兼任]
2014年聖トマス大学 第12代 学長

資格取得歴

[医学領域]

1973年医師免許証 下附
1974年ECFMG[アメリカ合衆国外国人医学士教育審議会]留学試験 合格
1981年日本脳神経外科学会専門医 取得
1983年医学博士学位 取得
2006年日本神経内視鏡学会技術認定医 取得
2009年日本医療機能評価機構・産科医療保障制度「診断協力医」登録
2009年日本小児神経学会専門医 取得

学術業績

[1973~2019]

研究活動業績

学術論文

  • ①原著論文:292編 [英文:143編、邦文:149編]
  • ②総説論文:187編 [英文:21編、邦文:166編]

学術書籍(一般書籍は除く)

  • 147冊[英文:28冊、邦文:119冊]
  • ※いずれも、単独執筆以外に、共著、分担執筆を含む
国際医療活動
[2001~2017]
WHOCH活動(Worldwide Help of Children with Hydrocephalus世界の水頭症のこども達救済プロジェクト
Oi Handy Pro・Karl Storz[独]神経内視鏡手術と手術指導)

WHOCH Project Worldwide Help of Children with Hydrocephalus
by Professor Shizuo Oi,M.D.,Ph.D.
大井静雄教授の世界22ヵ国・65回に及ぶ水頭症のこども達への
Oi Handy Pro(ドイツ・カールストルツ社製)による神経内視鏡手術とその伝授

大井静雄教授の世界22ヵ国・65回に及ぶ水頭症のこども達へのOi Handy Pro(ドイツ・カールストルツ社製)による神経内視鏡手術とその伝授
医学学術賞
受賞歴12回
  • 昭和51年:1976年 6月・Eleanor Clarke Award 1976 (The Best Clinical Paper)、Northwestern University, Division of Neurosurgery"
  • 昭和52年:1977年 6月・Eleanor Clarke Award 1977(The Best Clinical Paper)、Northwestern University, Division of Neurosurgery"
  • 昭和53年:1978年 6月・Eleanor Clarke Award 1978(The Best Clinical Paper)、Northwestern University, Division of Neurosurgery"
  • 昭和56年:1981年 3月・鳥取赤十字病院 “永井賞”
  • 昭和59年:1984年10月・日本脳神経外科学会・最優秀論文 “ガレーヌス賞”
  • 昭和60年:1985年 2月・日本神経放射線学会・最優秀論文 “加藤俊男賞”
  • 昭和61年:1986年 3月・日本小児神経外科学会・最優秀論文 “川淵賞”
  • 平成 3年:1991年 3月・日本脳神経外科コングレス “学術ビデオ(手術手技)最優秀賞”
  • 平成 3年:1991年 5月・Robert H. Pudenz Award: 1990 CSF Physiology Prize ロバート・ピュデンツ1990年 脳脊髄液生理学賞
  • 平成15年:2003年 3月・川野小児医学奨励財団 第3回小児医学川野賞
  • 平成23年:2011年11月・日本水頭症脳脊髄液学会”水頭症研究マスターズ・ジャパン”2011アワード第1位・金賞(Top Citation)
  • 平成29年:2017年11月・World Federation of Neuro-Endoscopy [WFNE] Innovation Award :“Oi Handy Pro”(Karl Storz)

世界神経内視鏡学会連盟・神経内視鏡-発明大賞-

/ 大井静雄教授の本
(最近の一般書) /

  • ステイタスブレイン:講談社
  • “リーダーズブレイン”のユーモアセンス:WBI
  • 痛快!ゴルフ勉強法-上達の脳科学:ゴルフダイジェスト社
  • こどもバイリンガル育脳のすすめ
  • あなたの“成熟脳”自分史作成のすすめ:WBI
  • 適性“育脳”子育て 7つのすすめ:WBI
  • 大井静雄教授の発達脳科学論文集:Journal of Kid‘s Brain Science、Vol.1&, 2018, 2019

整形外科担当医
大井雄紀先生のご紹介

整形外科担当医大井雄紀先生

経歴

2004年に兵庫医科大学を卒業後、兵庫医科大学 卒後臨床研修センター、兵庫医科大学 整形外科 レジデントを経て

2008年宝塚市立病院 整形外科
2009年小野市民病院 整形外科
2010年
~2011年
信原病院 バイオメカニクス研究所
2012年兵庫医科大学 整形外科 病院助手
2015年兵庫医科大学 整形外科 助教
2017年
~2018年
American Sports Medicine Institute (ASMI)留学
2018年兵庫医科大学大学院 高次神経制御系 整形外科 卒業、医学博士学位取得
2018年兵庫医科大学 整形外科 助教 (外来医長)

資格

  • 日本専門医機構認定整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会認定指導医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • リバース型人工肩関節全置換術実施資格

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 日本肩関節学会
  • 日本肘関節学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
学術業績(PDF)

西宮市にある大井クリニック
の施設紹介

  • クリニック外観

    クリニック外観

    苦楽園口から徒歩5分。クリニック駐車場(3台)もございます。

  • 受付

    受付

    1階が整形外科、2階が脳神経外科となっています。

  • 待合室

    待合室

    1階、2階ともに明るくゆったりとした待合室となっています。

  • 診察室

    診察室

    2階へはエレベーターがありますので、車いすの方も安心してご利用頂けます。

  • リハビリテーション室

    リハビリテーション室

    理学療法士・作業療法士によるリハビリを受けていただけます。

  • 言語聴覚療法室

    言語聴覚療法室

    言語聴覚士が、言語、高次脳機能、摂食嚥下などの障害を対象に言語訓練を行います。

西宮市の大井クリニックへは
阪急甲陽線苦楽園口駅から徒歩

  • 所在地

    〒662-0024
    兵庫県西宮市名次町5-24

  • アクセス

    電車でお越しの方
    阪急甲陽線「苦楽園口」駅より建石筋へ徒歩約5分
    バスでお越しの方
    「名次町」停留所より南へ徒歩約2分
    お車でお越しの方
    クリニック駐車場(3台)をご利用ください。
    提携駐車場につきましては受付にてご案内致します。
  • 電話番号

  • 診療時間

pagetop